「隣地伐採」の様子公開! [13/01/09]

絶好の伐採シーズン中の山仕事。

冷たい雨の降る日も、雪の舞う日も、安全に気をつけながら、伐採作業を進めていますが、いともくでは、通常の間伐以外にも、ここ最近、増えているご相談があります。

それは、「支障木」の伐採。住宅地などに生え、大きくなってしまった木々の伐採です。

例えば、清流と自然林で有名な「るり渓」の別荘地での伐採作業もその一つ。

両サイドに住宅が建つ別荘地に数本ずつの杉や桧が生え、建物の建築ができない状態でした。

杉や桧といっても、いつもお見せしている様な、真っ直ぐに伸びたものではなく、自然のままに生長している木。

なので、その枝は四方に幾重にも広がって張り出ているので、周囲の住宅に影響しないように伐採するのは、やはり技術が必要になります。

いともくでは、森の中だけでなく、そんな場所での伐採もお手伝いしています。

支障木の伐採風景を、動画で御紹介します。よろしければ、ぜひ、ご覧下さい


フォワーダ [13/01/07]

新フォワーダ登場!

メーカーは諸岡 MST600です。

大事に乗ってね、みなさん^^

R0013204.JPG

山に行く前に娘達と記念撮影。

NCM_0240.JPG


山での様子は次号のいともく瓦版に掲載致します。




新しい仕事仲間"グラップル"が加わりました! [12/02/27]

こんにちは、いともくです。

早いものでもう今週には3月がスタートします。まだまだ寒い日々ですが、あったかい季節はもうすぐそこ・・・ですね。

さて、いともくの森での仕事に力強い仲間「グラップル」が加わりました(平成23 年度 間伐材需要緊急対応事業の一環で す)!

2012-01-25 13.52.35.jpg IMG_0203.JPG

「グラップル」とは、森で働く林業機械の一つ。

伐採後、適切な長さに切られた丸太を、トラックや集材・搬送のため のフォワーダという機械に積み込むために活躍するのがグラップルです。

転がりやすい丸太を上手くつかめるように2 つの大きな「爪」がついています。

この爪でしっかり丸太をつかみ、安全に荷台へと運びます。

とても便利な機械なんですが、メンテナンスが欠かせず使うにも管理するにもきちんとした技術が必要です。

真新しいオレンジ色の新入りグラップルは、いともくの間伐現場で、ただ今、大活躍中です。


いともくの森で働く林業機械についてはこちら>>


50 ~ 60 歳の杉の森、ただ今、間伐中です [11/10/17]

いともくでは現在、杉の森の間伐作業を進めています。

現場へ行くまでの林道沿いには、手入れの遅れた杉の森も見られます。

IMG_0753.JPG

この写真は、そんな森の一例ですが、暗くうっそうとした様子がお分かり頂けると思います。

こんな状態では森に光が射しこまず、木々は太ることができずに、ひょろひょろと弱い森になってしまいます。

けれど、こんな森でも明るく健全な森へと変化させることができます。そのために必要なのが「間伐」です。木の本数を減らし、光を森の中へと入れてやることで、木は太く大きくなっていきます。

DSC_0307.jpg

この写真は、間伐作業中のいともくの森ですが、ずいぶん明るい森になってきています。

伐採した木はもちろん、下の写真のように運び出して、住まいづくりなどに活用します。

IMG_0772.JPG

地域にはまだまだ上の写真のような森がたくさんありますが、間伐をしていくことで、森を蘇らせることができるんです。これは、いともくの大切な仕事の一つです。

動画は、森から伐り出した木の、集材作業の様子です。あわせてご覧下さい。


活躍に期待!新たなマシーン [11/08/23]

ヒグラシの涼やかな声が響く森の現場に、またまた新顔が加わりました。

森では色々な種類の「林業機械」が活躍しています。伐採した木の枝をはらったり、一定の長さに切ったり、木を運搬したり、トラックに積み込んだり...それぞれの作業のための機械があります。

いともくでは、可能な限りそんな機械を使って、効率的に安全に、森づくりを進めていますが、森で伐採した木を、トラックの入れる道まで運搬するための「フォワーダ」という機械を新たに導入しました。

20110823.JPG

これまで使用していた木材運搬用の機械は、土砂運搬用の機械をつくり変えて使用していたのですが、木材運搬用はやっぱり使い勝手が違います。

沢山の木材が荷台に乗ってとても重くなるので、前輪が浮かないような仕様になっていたり、長い寸法の丸太も運べるような工夫がされていたりと、やはり林業のための作業車といった感じです。

いともくの森で、これからどんどん木を運んで、良い仕事をしてくれると思います。


大事な仕事「目立て」 [11/07/05]

いよいよ7月に入り、今年も本格的な夏の到来です。

いともくの森では、これからの季節も、どんどん間伐作業(混みあった森の木の本数を計画的に伐採して減らし、森の中に日の光を入れて、木の生長を促し、健全な森を保つための作業。

今、日本の森では、この間伐作業が遅れています)を進めていきますが、今回はちょっと、そんな森での作業に欠かせない、「ある仕事」をご紹介してみたいと思います。

皆さんは、「目立て」という言葉を耳にされたことがあるでしょうか?

「ノコギリの歯などの目がつぶれたり鈍くなったりしたものを、鋭くすること」ですが、木の伐採に使うチェンソーを扱う時にも、この「目立て」がとても重要になります。

IMG_0029.JPG

チェンソーは木を伐採するためのノコギリであり、刃物であると言えますが、目立て不良のチェンソーを使っっての作業は、能率の悪化だけでなく、腕に無理な力がかかることによる疲労の増大、燃料の無駄な消費、エンジンのオーバーヒート、歯の摩耗・・・と、たくさんのマイナスを生みだしてしまいます。

さらに、チェンソーの事故の原因の9 割が目立てに起因していると言われるほど、チェンソーの目立ては、非常に重要な作業です。

上の写真は、いともくの森での目立て作業の様子。

作業の前後に限らず、切れ味に変化が出たら、こうしてこまめに歯を目立てします。鋭角すぎても、鈍角すぎてもいけない、目立ての角度がとても重要で、目立て技術を習得するたけでも、かなりの経験と時間が必要になります。

と言う訳で、ちょっと作業の様子のヒトコマを動画でご紹介。

このように、チェンソーの歯を一つ一つ、丁寧に目立てしていきます。効率よく安全に、森で育った木を伐採して運び、住まいづくりに使うために、欠かせない技術や仕事が、たくさんあります。


「林業のこと」お話しました! [11/06/15]

アサヒビールの大山崎山荘美術館では、「おちゃかい?」と題したレクチャーイベントが定期的に開催されているんですが、このイベントのゲストとして、いともくの森づくりを担当する伊東昌紀がお話をさせて頂きました!

1106_ochakai6.jpg

美術家の小山田徹との対談。会場は、数寄屋づくりのお茶室で、「林業を愛でる」というテーマでお話をさせて頂きました。

2 日間に亘るイベントはどちらも満席。しかも、6割が女性でした!お客様からのご質問もたくさん頂き、あっという間の2 時間でした。

「とっても面白かったです」との感想も頂いて、感謝・感謝の2 日間でした。

大山崎美術館のホームページにも、当日の様子がUPされていますので、よろしければこちらをご覧下さい。


森の新顔 「シャークバケット」 [11/06/03]

いよいよ6月に入り、早い梅雨に突入しましたが、いともくの森ではいつも通り、間伐作業が進んでいます。

そんないともくの森に、なんと新しい仲間が加わったのでご紹介します。

P4060124_org.jpg

写真の彼の名は、「シャークバケット」。

どんな仕事をしてくれるのかと言えば・・・

森の中で伐採した木の、枝を払ったり同じ長さに揃えたりするための機械を「プロセッサ」と言うんですが、プロセッサの先を、シャークバケットに取り替えると、「木の根っこの掘り起こし」ができるようになるんです。

どういうことかと言えば、つまりはこれがあると、簡単な作業道をつけながら林内を進むことができるんです。

通常、伐採後も木の根っこはしっかり土に残ってしまうので、そこを機械が通過するのは難しいのですが、これがあると、それが可能になります。ちょっとどんな動きをするか動画でご紹介。


ということで、また頼もしい仲間が、いともくの森に増えました。

これからの季節も、自社の森でも、山持ちさんから頼まれた森でも、積極的な間伐を実施していきます。

震災復興に向けて、どんどん杉や桧を活用してもらうためにも、使える木はできるだけ山から送り出していきたいと思っています。

少し余談になりますが、被災地の復興に、森で働く林業機械が活躍しています。土地の高い山間部で使用されている林業機械の多くは難を逃れているため、被災地で有効に活用されています。

一日も早い復興を願うと共に、全国の森の木が復興にどんどん生かされることを祈っています。


プロセッサ購入 [10/01/20]

だいぶ前になりますが、昨年9月に新しい山林の機械として、
プロセッサを購入しました。

68.jpg

ベースマシンは日立、アタッチメントはイワフジのプロセッサです。
全木で引っ張るため、2トン引きの単胴ウインチも付けました。

ハーベスタと最後まで迷ったんですが、最終的にグラップルがしっかりしてる
この機種に決めました。


さきっぽはこんな感じ。
69.jpg

今のところ胸高直径30cm程度の杉が一番やりやすそうです。

今はまだ試し使い中ですが、この機械でガンガン間伐を進めていきたいです。

ハローワークのサイトに登場 [09/12/02]

ウチの会社の喜多さんが「農林漁業をやってみよう」
というサイトで紹介されました。
http://www.aff-job.go.jp/

また私も近い内に「現代林業」という林業界の超メジャー雑誌(?)で
紹介していただく事になりました。

それを聞いたウチの若い従業員がポツリ。


「その雑誌、本屋で売ってますか?・・・」


それはないかも・・・

アントンセン氏 枝払い動画 [09/11/10]

アントンセン氏の枝払いです。
北欧では定番の6ポイントシステムっちゅうらしいですわ。


チェンソー世界チャンピオン講習 [09/11/05]

長らくの投稿休暇でした・・
一度離れるとなかなか書けないもんですね笑


というわけで、ネタはたくさんたまってますが、まずはつい先日の講習ネタです。

64.jpg
チェンソーの世界大会で何度もチャンピオンになっている(そんな大会があるらしい)
ノルウェー人のアントンセン氏です。

装備がマブシ~!暗い人工林の中で超目立ちます。
実はこの色も森の中で自分のいる場所を示すための安全策なんです。


65.jpg
この写真が伐倒の受け口づくりの1刀目。
わかるかな~。
斜め切りからなんです。角度は70~90度との事。

今の日本のやり方は北欧では40年以前の方法とか。


ふ~ん。ま、要は慣れですよ、慣れ。
明日からちょっと試してみますけどね^^


66.jpg
フェリングレバーは多用してました。


67.jpg
これは小径木向けの伐り方。チェンソーでクサビを切らない方法です。

なにはともあれ、世界最先端の技術を目の当たりにできて楽しい一日でした。
次は動画アップします!

ハーベスタ来たる! [09/07/06]

このあいだ書いたハーベスタのデモ機がやってきました。

58.jpg
ところが、来た途端にトラブル発覚!
「大丈夫なん~?」と心配しましたが、その日中に解決。

ちなみに後ろに見えている林が間伐した後の光景です。
明るい林になってます。


では、気を(木を?)取り直してデモ開始です。
59.jpg
木を倒すところ。
こんなふうに重機についている先端の機械を木に近づけていきます。


付属のチェンソーで木を伐って、
61.jpg
木を倒します。


63.jpg
この先端の機械にはこういうベルトコンベアのようなものが3つ付いていて、
これで木を送ります。


こんなふうに、
62.jpg
送りながら枝を払い丸太にしていきます。
しかもこの時同時に長さを測っていて、好きな所で切ることができます。


ここからはマニアックな内容ですが^^(関係者用)、
使ってみた感じとしては、送り機能が少し弱いかな、というところがありました。
クローラがもう少しスパイク状になっていないと、枝の抵抗に負けてしまう感じです。

あとクローラ部にもチェーンオイルが回っているので、チェーンオイルをかなり
消費します。

それからハーベスタとしてはしょうがないかもしれないですが、
機体が大きく(長い!)重いので、その分振れ幅も大きく、間伐では残す木に
傷をつける可能性が高いかな、と。

よかった点としては、グラップル機能がしっかりしている事。
丸太を4、5本は掴めてましたね。

それから、材長の誤差が小さかった事。
これらはさすがと思いましたね。

まだまだ改良の余地ありですが、
機械の楽しさを満喫した1週間でした。

ハーベスタが来る [09/06/30]

来週半ばからハーベスタのデモ機がやってきます。

デモ機というのは、各機械メーカーが宣伝のために所有しているもので、
全国各地の林業事業体に短い期間貸し付ける機械の事です。

ウチもメーカーに無理言って一週間ほど貸してもらう事になりました。(おーきに~)


いまや林業にとって機械は必須アイテム!
山師の良きパートナーと言えるでしょう。

そうは言ってもやはり機械は機械。
故障もすればメンテナンスも必要になってきます。

ということで、今回機械のメンテナンス講習を行いました。

56.jpg
指導をしてくださるのは、「長田発動機」の長田専務さん。
チェンソーから重機まで取り扱うプロの機械屋さんです。

人の良い長田さんは、
「これ教えちゃうと、私の仕事が減ってしまうんですけど・・・」
とボヤきながらも、丁寧に教えてくださいました^^

57.jpg
その後自分達でオイル交換等をしました。

これで日頃使っている機械に少し愛着がわいたかな。。