森林ツアー [10/04/27]

4月24日に開催した、森林ツアー。

無事終了致しました。

心配した雨ですが、天気予報では晴れだったんですが、

パラパラと・・・(なぜ!)

っというものの、大きな雨にもあたらず、よかったです。

参加は10組程。

まずは、事務所で山の説明から。



うちの社長の長~いお話を聞いて頂きました^^

そして山へと向かいます。



今度は4男から山の説明です。



伐採体験された方は3名。

初めてチェンソーを扱うとのこと。

とっても心配・・・しましたが、

みなさんうまくされてました。(良かった・・・)



山で昼食をと思ったんですが、

寒い寒い・・・

事務所内まで帰ってきて、食事して頂きました。

それから、

工場内の見学、

お寺のキザミをしているので、その見学、

そして、新築現場の構造見学をし、

伊東庵を見て、

3年前に建った家を見ていただいて、

終了となりました。

今回ご参加していただいたみなさん、

有難うございました。

また、国産材住宅推進協会さん、建築士事務所民家さん、ルーラル工房さん、

有難うございました。


古民家 カフェ改修工事 [10/04/15]

古民家カフェも工事どんどん進んでおります。

今日は内部の配管・配線工事です。

厨房があるんで、シビアに配管していきます。



明日は土間コンクリートの打設工事をします。

これで配管工事は一段落となり、

大工工事をどんどん進めていきます。


Y寺 観音堂新築工事 [10/04/13]

書くときはどんどん書きます!

今までブログには登場しませんでしたが、

Y寺 観音堂新築工事を請負っております。

現在はというと、

大工さんが加工し、彫刻師さんが彫り物をしております。

今日、彫刻師さんの作業を見学に行ってきました。

この彫刻師さんは、井波で修行された福知山在住のT様です。

T様邸はうちで新築させて頂きました。

今回は、虹梁・海老紅梁・蟇股・懸魚・象木鼻等々(言葉難しいですね^^)を

彫刻していただきます。

まずは虹梁です。



美しい・・・^^

虹梁は完成し、次は象木鼻を彫刻されます。



象木鼻、めっちゃ楽しみです

この荒彫りは、巷で噂の

マキタのチェンソーでされてました。

このチェンソー欲っすい!




「木だわりの住み家」 福知山 S様邸 上棟 [10/04/12]

またまた長らく更新しなかったですね・・・

まァ~いろいろと・・・

あったわけですよ・・・

で、最近のS様邸の状況はというと、

屋根工事です。

ゴムアスルーフィングを敷いて、

棟換気金物を取り付けて、



三州いぶし瓦を葺いていきます。



大工さんはというと、

筋違・間柱・金物を取り付けて、



サッシを取り付けていきます。

梅雨までに外部を仕上げて、

内部作業に入っていきます。


「木だわりの住み家」 福知山 S様邸 上棟 [10/04/01]

昨日はS様邸の上棟でした。

雨はというと・・・

なんとかギリギリって感じでスタートしました。



木の組み方はかなり複雑でして・・・^^
(私はそんなふうに思わないのですけどね^^)

丸太の梁を受けるために、力桁を入れたり、ロフト部分の梁の高さを変えたり、古材を利用したり・・・

もちろん、梁の継手は追っかけ大栓継ぎ!

毎度ながらの大工泣かせですね・・^^






古材もこのように再利用させて頂きました。

無事上棟となりました。

「木だわりの住み家」 福知山 S様邸 [10/03/30]

いよいよ明日はS様邸の上棟です。

昨日は季節外れの雪が舞い、少々びっくりしたんですが、

今日は晴れ、明日は曇。

まァ~天気は大丈夫でしょう!

今日は、材料搬入&土台をセットしました。



以前の建物に使われていた、古材(大黒柱・梁)を再利用した建物です。



さてどんな感じに仕上がるか。

楽しみですね。


古民家 カフェ改修工事 [10/03/29]

さて、古民家改修工事ですが、

着々と進んでおります。

軒の補修は屋根&樋を施工して終了しました。



瓦屋さんから聞いたんですが、

この瓦は「越前瓦」といって、

この辺りで葺いているのは一部らしいです。

大きさが若干ですが違うのと、古い瓦なのでねじれ等々あり、

葺くのに苦労されてました。

破損した瓦は瓦屋さんの在庫と知り合いの瓦屋さんの在庫で対処しました。


その頃大工さんはというと、

柱の根継ぎ作業中。

箱継ぎという継手です。

根継ぎでよくするのが、金輪継ぎなんですが、

化粧で見える部分なので、

大工さんの提案でこの継手にしました。

「技」

ですね。





根継ぎが終了したら、床組み→板張りとやっていきます。



大引きの両サイドに断熱材受けを打ちつけます。

そして断熱材敷きこみ。

それから杉板厚み30mmを張っていきます。



そしてその頃外部では、

設備屋さんが埋設配管を行い、



電気屋さんが既存配線を撤去しながら、

新設配線の段取り。



解体工事もほぼ終了しました。

どんどんと変化していきます。

楽しみですね^^


西播磨チェンソーカービングクラブ カービングパーティー [10/03/28]

久しぶりのチェンソーアートネタですね。

岡山で開催された、

西播磨チェンソーカービングクラブ 第4回カービングパーティーに参加してきました。

ちまたで噂のエアブラシの講習会があるってことで、

少々遅刻しましたが、

TVチャンピオン優勝者のYUSUKEさんに丁寧にご指導していただきました。

私の作品は持っていってなかったんで、

ホワさん作のスーパーゴリラーマンを着色することに。



山口の林さん一家も日帰りでの参加。



道具も揃えられて、気合充分でしたね^^


初めて、エアブラシをしましたが、

面白い!

微妙な着色はなかなか難しいですけど、

チャレンジしたいですね。



夜の部はというと・・・

もちろん盛り上がりましたね。


次の日は、カービング。

久しぶりのカービングになにを作ろうが迷ったんですが、

虎を初チャレンジ。

目の位置がうまく決まらず、やや納得できてない・・・

練習あるのみですな。




最後に、美味しいお食事、パーティーの段取り等々、ご準備していただいて有難うございました。

とっても楽しかったパーティーでした。












そうそうスーパーゴリラーマンはというと、

























お持ち帰りさしていただきました。





古民家 カフェ改修工事 [10/03/23]

雨ですね・・・

朝からずっと降ってます。

まァ~今のうちに降っていただいて、31日はいい天気になって欲しいと願います。

さて、古民家改修工事ですが、

着々と進んでおります。

月曜日からは大工さん工事がスタートしました。

まずは、雪で折れたと思われる軒を直します。



見事におれております・・・

北側でなかなか雪が解けなかったのも原因でしょうね。

全面的な補修はコスト高となりますので、必要最低限直します。

まずは足場を組んで、

折れたタルキを撤去、瓦も一時撤去します。

それから、タルキを母屋まで差し込み、留めつけます。



タルキは地元産桧の芯持ち材、野地板は15mmの杉板(本実加工)を使用しました。

今度は折れないでしょう!

内部の解体も進んでおりまして、

今日から床組をスタートしました。

北側&雨&雪・・・の悪条件から、

土台・柱足元の腐食はかなり進んでおりました。



この古い土台は栗を使ってたので、まだ芯は残ってましたが、

よくこの条件のなか、残ってたと思います。

さすが栗ですなァ~・・・

明日からは蔵・蔵横の倉庫を片付けていきます。



古民家 カフェ改修工事 [10/03/17]

S様邸とほぼ同時スタートした、

古民家カフェ改修工事。

この工事は、

お施主様&RH+ASSOCIATES様(設計事務所)&伊東建設工業の

3者で行います。

コラボですね。

着工前の様子はこんな感じです。





立派な蔵もあります。

今回の工事は、



出来るだけ捨てずに、使われていた材料を使用する。

これが今回の重要な事柄でして、

普段の解体作業と異なり、

若干、解体屋さんも戸惑い気味で工事を進めていきます。



こんな感じで、瓦・土壁・木材を残しておき、

もう一度利用します。



年度内に、浄化槽を設置しなければいけないので、

その工事も行っています。





今日は、浄化槽を設置しました。

OPEN予定は5月末頃です。