【WOOD】ミャンマーチーク

こんにちは!

今回のブログは以前の記事で書かせて頂いたオリーブに続く木材シリーズです!

 

SomAbito Wood Worksが今後プロダクトにする木材在庫の中から

高級材でとても希少性の高い「ミャンマーチーク」をPICK UP!

 

ミャンマーチークは別名「本チーク」と呼ばれ、

世界でもウォールナット・マホガニーに並び三大銘木として数えられる、

アジアが世界に誇る銘木。

 

弊社の木材在庫にあるミャンマーチークは

管理された天然保護林からミャンマー政府公認の合法木材です。

 

 

硬い材質であるにも関わらず加工がしやすく、尚且つ耐水性・耐久性が高く、

特に殺菌・防虫性に優れているため船舶や家具、床材などの建築材として多く利用されています。

 

17世紀には英国軍が海水に強い木材として大型船舶に採用し、

映画にもなったあの「タイタニック号」、現在のクイーンエリザベス2世号」の甲板や内装材、

日本の豪華客船「飛鳥Ⅱ号」など世界中のラグジュアリーな空間に採用。

また、反り返り、割れにも強く、古来から最高級の建築材料としても

世界各地の建築物にも採用され、伝統や格式を重んずるヨーロッパの建築物、

戦前には日本にも数多く輸入され、国会議事堂などの建築物の内装材としても使用されているそうですよ!

 

時間の経過によってその品質は失われることがなく、

年をおうたびに重厚感を増し、色褪せることがないミャンマーチーク。

おしゃれでかっこいい北欧のビンテージ家具などのほとんどにチーク材が使われていることに納得できます。

見惚れてしまうほどに抜群な木目の良さと色のバランス。

そんな木材が弊社にあり、

SomAbto Wood Worksのプロダクトになると思うととても嬉しく、ワクワクします!!

今後プロダクトが完成した際はこちらのブログでご紹介できればと思いますのでお楽しみに!!

 

 

前回の記事でもご紹介させて頂きましたが、

弊社では伐採した木を、新たなプロダクトに加工して生まれ変わらせることができる

「伐採木材 デザイン事業」があります。

 

特殊伐採や森林整備のご依頼で伐採した木を、

当社の製材加工部門、自社設計士デザイナーと連携し、建築用材、DIY用木材、家具、木工品などが製作できます。

「大きな庭木や老齢な木をやむなく伐ることになったが、思い入れがあり、なんとか再利用できないか」という方、

ぜひお気軽に弊社へご相談ください。

 

そのままだと燃料となって燃やされてしまう「欠点のある木」でも、

欠点を利点として生かしたオリジナルのプロダクトに生まれ変わらせ、これから10数年・数十年と活かすことができます。

第二の命として、あなたの暮らしにのそばに、あるいはマチの拠点に。

何十年も大切に育てられてきた愛着ある木を新たなプロダクトへ生まれ変わらせて

木の食器などの木工品や我が家の家具、新築、リノベーションの建築用材などへ。

 

お問い合わせお待ちしております。

 

いとうグループ広報 菊地